健康情報について思う事

健康情報について思う事

様々なダイエット方法や健康情報に左右される

健康への意識が高い人

は多い

ただ、毎年新しいダイエット方法を試して結局は痩せないを繰り返している人に共通している点は

楽して痩せよう

という怠惰な気持ちと、自分の生活が不健康だと自覚しているが故の罪悪感と、自己の病気などのリスクへの恐怖でしょう

近年はライザップなどのプライベートダイエットジムが流行っているようだが、自分1人では変われないので、パーソナルトレーナーなど外部の指導を受けれるような環境を求めている人も増えているのだろう

断食道場などで断食をして、体内の老廃物を排出して健康維持している知り合いがいるが、やはり自らを「そうせざるを得ない環境」に身を置くことで自ら退路を断ち、自らの意思の弱さを克服している

健康情報でいつも思うのだが、企業や研究機関の健康への研究で健康への新しい発見や、それに伴う今までの健康方法の否定による改善は必要だ

しかし、健康食品会社やダイエット食品会社が新しい製品を発売する度にメディアがその商品を持ち上げるのはいかがなものか?

上記以外の場合でもそうだが、メディアはもう少し自ら発する情報に責任を持たなければならないが、現実的には

溢れる情報の取捨選択を情報を受け取る側がしなければならない

健康番組で内容が間違っていたり、虚偽の内容になってやっと謝罪をする

それ以外の健康食品会社などの商品を紹介して、健康やダイエットへの効果が不確かな場合は謝罪は基本的にはわざわざしないだろう

ダイエットや健康の基本は、規則正しい生活にバランスの取れた食事です

この基本を疎かにせずに生活する事が、健康を保つ一番の近道です

 

サイトマップ